メニュー 閉じる
CVIV2272

アルパカは哺乳綱偶蹄目ラクダ科で、体毛の利用を目当てに家畜化された動物です。体長 200cm、体重 50~55kg 程度で、似たような外見をしているリャマよりもやや小柄になります。
また他の反芻動物同様前歯が存在せず、その代わりに硬質化した皮膚で千切って草やコケといったものを一日に約 1 キロ食べます。群れで行動する動物で、1 頭のオスと 10 頭前後のメスのハーレムを形成するそうです。特に繁殖期間などは決まっておらず、約 11 か月の妊娠期間を経て1 頭の子供を産みます。寿命は約 15~20 年と言われています。

家畜として有名なアルパカは外見のイメージ通り穏やかで優しい性格をしています。好奇心旺盛である一方、臆病者の一面もあるようですまた綺麗好きなところがあり、草食動物には珍しく決まった場所で排泄をします見た目が可愛くて性格も温和なアルパカです。

野生のアルパカの個体は存在していません。家畜のアルパカは、そのほとんどがペルーで放牧されています。

・アルパカは非常に上質な体毛を持つ 反芻動物

・優しくて好奇心旺盛な性格をしている

・野生の個体はおらず、ペルーなどで家畜化された個体

・鳴き声は、通常時は猫と同等 威嚇時 にはカラスのような鳴き声

・決まった場所での排泄 直径 1cmの球形、匂いはウサギ同 等。定位置排泄の為処理を行いやすい。落ち葉などへ混ぜ肥料 としての再利用可能。糞は南米では乾燥させペレットとして冬季間の燃料として利用しています。アルパカの森キャンプでも肥料として再利用します。

・餌は、草や苔、干し草を好んで食べます。(牧草・藁 大人約1kg、子供約 700g)アルパカの森キャンプ場では、牧草、  藁、鉱塩を購入し与えます。

・飲料は水を1日 10L~12L 与えます

・角などの目立った武器になるものも 無い

・寝転がる事を好む 飛び跳ねない

・群れ行動

・繁殖期間通年

・寿命 15~20 年